人の力と人の心を生かす道政へ

私の決意

新しい感性で、政治をもっと身近に

 北海道が持つ最大の資源は、何でしょうか。

 広大で肥沃な土地や、自然の恵みあふれる農林水産物…。

 そしてそれ以上に、ここに住む皆さんの「人の力」と「人の心」であると私は確信しています。

 北海道はいま、人口減少、少子・高齢化が進み、将来にわたって安心して住み続けられる地域をどう築いていくか、岐路に立たされています。

 かつて経験したことのないこの困難に、私たちは一人ひとりが持てる「力」を十分に発揮し、「心」を合わせて立ち向かっていかなくてはなりません。偉大な足跡を残してきた先人、今も現役で頑張っておられる先輩の志を受け継ぎ、次代を担う子どもたちが笑顔で成長する地域を創るために、清新な視点と発想で政治に挑んでいくことが、私たち若い世代の責任であると考えます。

 私たちが暮らす北海道・札幌・北区は、将来への可能性を秘めた北の大地であり、やさしさにあふれる街です。ここに若者らしい新しい感性を活かして「人の心」に訴え、「人の力」を結集すれば、全ての人たちが明るい明日ヘ向けて確かな一歩を踏み出し、いっぱいの幸せを実現することが可能です。

 皆さん、一緒に未来に誇れる北海道を、札幌を、そして北区を創りましょう。私は若い世代の先頭に立って持てる力をフルに発揮し、さまざまな課題を着実に解決して、必ず政治をもっと身近なものにしてまいります。